保険治療について(鍼灸限定)

当院では、各種健康保険交通事故自賠責保険を取り扱っております。  

 

各種健康保険で鍼灸治療をする場合、整骨院のようにすぐに保険がきくわけではありません。鍼灸で各種健康保険を適用するには、医師による同意書等の注意事項があります。 

注意)当院ではマッサージの保険は取り扱っていません。

注意)交通事故自賠責保険の場合は、保険会社とのやり取りとなります。 

 

①鍼灸で保険適用する疾患は6つです

神経痛】 顔・胸・腕・腰・足など神経に沿って痛むもの 

リウマチ】 各関節が腫れて痛むもの

腰痛症】 慢性の腰痛・腰が重い・痛む

五十肩】 肩の関節が痛く腕が上がらないもの

頚腕症候群】 頚から肩・腕にかけてしびれ痛むもの

頚椎捻挫後遺症】 頚の外傷、むちうち症など

  

②保険適用するには医師の同意書が必要です。

同意書は当院でお渡ししますので、かかりつけの内科の先生に書いてもらってください。

歯科以外のお医者様であればどの先生でもかまいませんが、整形外科では治療疾患が同じである為、ほとんど同意してもらえません。

  

③慢性疾患であること。

保険適用させる為には、慢性疾患でなければなりません。

まずは医療機関で受診し、それから1ヶ月以上たっても症状がよくならないものに対してのみ、慢性疾患と診断されます。

  

④保険対応疾患に対してのみ、西洋医学との保険の併用は出来ません。

同じ病名での保険の併用は出来ません。

その為、仮に腰痛症で鍼灸での保険治療している期間中に、整形外科へ行って腰痛症の治療した場合、残り(7割~9割)の金額を請求させて頂くことになります。

 併給制限

はり・きゅう施術の当該疾病については、医師の治療との併用は認められないこととされております。診察が検査及び療養費同意書交付、その他の疾病治療は併用にあたりません。

具体的に説明すると

1、慢性腰痛で鍼灸保険治療を受けているのだが、ちょっと整形外科に行って湿布をもらってきた

2、慢性腰痛で鍼灸保険治療を受けているのだが、風邪で通院した内科で腰が痛いことも話したら湿布を処方してくれた

このように鍼灸治療期間中でも、医師から上記の疾患で診察をした記録が保険組合に届くと(自分では腰痛の治療を病院で受けた覚えがなくても)鍼灸治療はすべて「自費診療」になります。(保険者から保険扱いを拒否されます。)

 

 

細かい注意事項がありますが、以上のことをご理解していただければ、すぐにでも鍼灸で保険適用できます。保険治療に関しては電話では説明が難しい場合がありますので、一度当院へお越し頂き説明を受けて下さい。 

 

保険治療の金額・施術時間

保険治療の場合は施術時間が15分程度の為、部分治療となります。 

3割負担の方は900円(初診1000円)、1割負担の方は300円(初診500円)のお支払い。

 

症状を本気で治したい方は、保険治療をお勧めしません!

治療時間が短い為、私の得意とする遠隔治療が出来ないからです。

 

松江市マッサージ・はり・きゅう専門治療院【東洋鍼療院】
〒690-0883 島根県松江市北田町105−1 フレグランスショーワ (TEL)0852-24-8237
BBS7.COM
MENU RND NEXT
整骨院 くち得ナビ